☆インターハイ京都予選決勝 東山高校 優勝☆

2018.06.04update
category:
活動ブログ


‼︎東山メンバーの内、マルカOB 8人がピッチで躍動‼︎
‼︎先制点FW長坂‼︎
‼︎2得点目、アシストFW宇賀神→FW中山‼︎

OB決勝戦メンバー
===東山高校===
背番号 学年 PO 名前 出身ジュニア
1 3年 GK 荒木光汰 京都JマルカFCjr
25 3年 DF 矢原直杜 嵯峨SSS
8 3年 DF 倉貫直人 紫光SC
9 3年 MF 長坂大陸 西陣中央SSS
15 3年 MF 大八木陽一 桂SSS
7 3年 FW 宇賀神拓世 桂SSS
3 3年 DF 井上竜稀 紫光SC
11 3年 FW 中山翔 KSC

===京都橘高校===
背番号 学年 PO 名前 出身ジュニア
12 3年 GK 北村海登 桂SSS
9 3年 FW 関野竜平 西京極JSC

Jマルカ”魂”が西京極でぶつかり合う。
インターハイ京都予選決勝戦にてJマルカOB対決が今年も実現!
お互いをよく知っているもの同士の戦い。
3年前は同じチームで、同じ場所を目指していたもの同士。
共に切磋琢磨してきた仲間との闘い。
お互い譲れないもの…
チームのために…
そして応援してくれる人達のために…
今所属するチームのためにお互いの意地とプライドを燃やした1戦となりました!!

両校合わせて10名がメンバー入りした決勝!
東山高校には総勢8名のOBがメンバー入り、内スターティングメンバーに6名選出される。京都橘高校には2名のOBがメンバー入りし、内スターティングメンバーには1名が選出され、試合開始時点ではピッチには計7名のOBが立つことになった。
ゲームは前半からお互いに拮抗した状態が続くなかで、MF倉貫直人が中盤でチャンスを伺いながら、守備では粘り強く相手のロングボールに対してDF井上竜稀が弾き返す。そして東山がチャンスを創り出す、奪ったボールなどをFW長坂陸が相手の隙をついた先制点に成功する。先制後は京都橘FW関野竜平も猛攻をしかけるも、GK荒木光汰が体を張りながら、後ろから味方を鼓舞するコーチングで前半を0に抑えることに成功。1-0のまま後半を迎えギリギリの攻防戦が続く中で、交代で大八木陽一が投入されピッチを縦横無尽に躍動。そして東山が2得点目を挙げる。FW宇賀神拓世の左からのクロスにFW中山翔が頭で叩き込む。2点先行されながらも、京都橘控えGK北村海登がウォーミングアップをしながらも声を張り挙げチームを最後の最後まで盛り上げる。後半ラストにDF矢原直杜が入り、東山高校にベンチ入りしたJマルカOB全員が出場を果たしてくれました。ゲームは2-0のまま終わり東山高校の優勝が決まりました。
JマルカOB達がお互いの譲れないプライドをぶつけ合ってくれた今回の決勝戦。たくさんのJマルカの現役生や保護者のみなさま、応援してくれる人達にも勇気と感動を与えてくれたのではないでしょうか!?
現役生達は数年後この舞台を目指して欲しいと思います!
今日闘っていたOB達も全国の舞台に立ちたいという思いを持ちながら必死に練習し、決勝というこの日を迎えることができました。Jマルカでの3年間を経て高校サッカーに進んだOB達。まだまだ高校サッカーは続きます。最後の冬の全国高校サッカー選手権大会をまたJマルカのOB達が盛り上げて行って欲しいと思います‼︎
これからもがんばれJマルカOB達‼︎

京都JマルカFC - Kyoto Jmarka Football Club

京都JマルカFC事務局

〒601-8304 京都府京都市南区吉祥院前河原町26−6
075-311-0771kyotojmarkafc@yahoo.co.jp
copyright© Kyoto Jmarka Football Club. All Rights Reserved.

Top of This Page